ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 >投資信託のコストは?

投資信託のコストは?

あまり知識がなくても、自分で市場売買する時間がなくても、少額からでも始められるという投資信託。
リスクも他の運用と比べればずいぶん低いとはいうけれど、そのコストはどのくらいかかるものなのでしょうか。

申込手数料は無料の場合も

まずは申込時。
申込手数料だの、販売手数料だの、最初にかかる費用というものがあります。
だいたい、購入価格の2〜3%程度が相場。

これを嫌がる人が多いため、近年は「ノーロイド」と呼ばれる手数料無料の商品が増加しています。

保有中は運用の代行費用がかかる

投資信託は、運用をプロに任せるという商品。
当然、ボランティアではありませんから、運用会社に報酬を払わなければなりません。
それが、「信託報酬」なるものです。

その他運用の経費も差し引かれるので、意外とコストがかかります。

解約・換金時にもお金がかかる

さらに、解約をしたり、使えるお金に換金・償還したりする時にも手数料がかかる場合があります。

例えば、信託財産留保金などがそう。
信託期間の途中に買い付けたり、途中に換金したりする場合にかかる費用で、満期ならかからない費用です。

証券会社に払う手数料などもあるので、利益が少なければコストで赤字になることも。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up